屋守 (東京)

【豊島屋酒造 金婚】

今から約四百年前、慶長元年1596年に江戸の神田、神田橋付近で、初代、豊島屋十右衛門が酒屋兼、一杯飲み屋を始めました。当時、神田橋付近は、神田川を利用した水運の要所として栄え、多くの武士、職人、商人が集まっておりました。そこで十右衛門は、江戸での草分けとなる白酒の醸造を始めたといわれ、現在の豊島屋酒造の礎となっております。
昭和の初期、現在の地、東京都、東村山市に醸造元として豊島屋酒造を設け、富士山からの伏流水を井戸から汲み上げ、仕込水として用いております。酒造りに好適な国産米を厳選して、ひとつひとつ丁寧に酒を醸し、全国新酒鑑評会でも幾多の金賞を受賞しております!


【東京の地酒 屋守 豊島屋酒造!】

四代目蔵元の田中氏が酒質設計をした屋守は豊島屋酒造を守り続けていく気持ちと酒販店、料飲店様の繁栄を守るような作品を醸し続ける思いから銘名いたしました。
限りなく手作業重視の小仕込を行い、「香り良く優しい味わい」をコンセプトに醸し、全量無調整(無濾過・無加水)、全量ビン貯蔵を行って、こだわりぬいた日本酒、それが屋守です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

19