江戸開城(東京)

東京港醸造・江戸開城

幕末、芝で造り酒屋を営んでいた若松屋は薩摩藩の御用商人でした。当時の若松屋には奥座敷があり、直接東京湾に通じる水路があったと言われています。隠密に会合を持つには格好の立地だったため多くの要人たちの密談の場となり、西郷隆盛、勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟と言った歴史に名を残す偉人が頻繁に訪れていたと言われています。現在も若松屋に残る掛け軸はそれら偉人が酒代の代わりに残していった物なのです。若松屋は開国と江戸城無血開城という文明開化を目指した藩士たちの密談場でもありました。
 やがて明治時代になり後継者問題、酒税法の変化に伴い若松屋は1812年から約100年間続いた酒造業を1911年に廃業する事となりました。幕末、動乱の時代を生き抜いた若松屋の歴史と伝統に敬意をはらい代々継承されてきたこの地で新たに酒造りを復活させたのです。

-復活- 大都会に蘇った日本酒
現在の東京都港区芝に、東京港醸造の母体である若松屋はありました。今から約200年前の文化9年から100年間続いた酒蔵は頭首の他界と酒税法の改正により明治42年廃業。それから100年後の平成23年、7代目齊藤俊一が酒造業の復活をめざし製造免許を取得。当時の若松屋には、江戸城無血開城の立役者である勝海舟や西郷隆盛が訪れ密談を交わしたと言う言い伝えがあります。歴史上の偉人が訪れていた酒蔵が100年の時を経て現代に蘇りました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5